book details /270
LINEで送る
viewsLikes
Add to my favorite
昭和42年新聞部ミツバチクラブ失踪事件〜ホテイアツモリ荘〜(改訂版)
1followers
You can buy full digital version of this book.
昭和42年新聞部ミツバチクラブ失踪事件第二部(改訂版)
Price(Support 135+ currencies):  200円
You can order this book.
昭和42年新聞部ミツバチクラブ失踪事件第二部(改訂版)
Price(Support 135+ currencies):  2,000円
Message from the author

初めはボイスドラマ作品として作った本作品を再構成して一冊の本にしてみました。シーンを追加したり改定した改訂版です。

いずれ演劇や朗読などにご使用いただければ幸いに思います。その様な作品が書けますように日々努力いたします!まだ駆け出し書き手ですけれども宜しくお願い致します。
ーあらすじー
時は昭和39年、信州富士見高原に「新聞部ミツバチクラブ」という地域活動の学生団体がいた。3歳~10歳の初等部、11歳~16歳の中等部、17歳~22歳の高等部に分かれており、それぞれがぞれぞれの分担を持って活動していた。ヒロインの平出絹重を筆頭とする9人もそれだ。地域新聞を作りながら、資金集めや慈善活動のためにはちみつやはちみつを使った食材を売り、活動をしていたが、ある時全国を騒がす失踪事件に巻き込まれてしまい、メンバーは消される恐怖に怯えながら日々を過ごすことになる。また事件の重要人物には「404」と世間から騒がれて、現在指名手配されている謎の人物がいて、メンバーは404と疑われて、冤罪で追われる身の春原史郎という若い男の冤罪を晴らすためにも、消えた仲間を探し出すためにも、また事件の真相と原因、真犯人を捕まえて、元通りの平和な世界を取り戻すために活躍する新聞部ミツバチクラブと、仲間内の恋と青春の物語の第二作目です。
ー時代背景ー
昭和39年~昭和44年
ー場所ー
信州富士見高原

※作者は平成生まれのため、可能な限りはこの時代の事を調べて書いてはいますけれども、人物たちの生き様や時代模様など、作者自身の理想と想像をもとに書いてあるところが多々あります。事実とは異なるところや食い違う個所はあると思いますけれどもご容赦くださいませ。

Comments
You can not leave your comment in this book
Other books of this author

昭和42年新聞部ミツバチクラブ失踪事件第三部

昭和42年新聞部ミツバチクラブ失踪事件〜ホテイアツモリ荘〜(改訂版)

昭和42年新聞部ミツバチクラブ失踪事件第二部

See all other books of this author
Popular books in this category

【特別ダイジェスト】ゲンバビト 改訂版

@ JETDA

魔法物語1 黒い風のトーフェ

@ 斎藤肇

トッケイは七度鳴く

@ 宮内 見

怪人二十面相

@ JETDA

ゲンバビト【ペーパーバック版】

@ JETDA

走れメロス

@ JETDA

風漂①

@ 物書未満

魔法物語3 竜形の闇

@ 斎藤肇

魔法物語2 青い光のルクセ

@ 斎藤肇

魔法物語4 遙かなテネア

@ 斎藤肇

天誅組外伝 江戸から来た男

@ 山高

ヒミツノカオリ

@ 小川凛音

URL of this book

Leave your comment


You can change your nickname from your [Account] page.

Scroll down for book details

閲覧ありがとうございました!