HOME  PDF入稿ガイド  表紙作成フォトショップ編
PDF入稿ガイド―表紙作成フォトショップ編

Photoshopで表紙作成

ファイル形式

JPG(※PNGやPDFは入稿できません。必ずJPG形式で保存してください。)

カラーモード

CMYK推奨(※RGBの場合、製本時に色味が変わる場合がございます。)

解像度

300~350dpi推奨

サイズについて

入稿する表紙は、【オモテ表紙+背表紙+ウラ表紙】が1枚になった見開きのJPG画像となります。
下記より作成する表紙のサイズを計算してください。

  • 製本サイズ

  • 本文用紙

  • 本文のページ数(半角数字)

計算結果

(1)見開き(幅×高さ)

※塗り足し領域を周囲3mm含むサイズです

(2)仕上がり(幅×高さ)
(3)背表紙(幅)

※背表紙全面に色をつける場合、表紙部分に少し被るよう、幅に余裕を持たせてください。

その他

・トンボは不要です。表紙画像にトンボはつけないでください。
・塗り足し領域は、製本時に裁断して切り落とされます。
・画像をページ端に配置する場合、塗り足し領域まで配置してください。

以下は、Adobe Photoshop CS5での作成例です。

1. 「ファイル」から「新規」を選択し、「新規ドキュメント」を作成します。
  以下のように設定して「OK」をクリックしてください。

2. ドキュメントが開きます。
この状態では背表紙の位置がわからないので、まずガイドを作成します。
 「表示」メニューから「新規ガイド」を選択します。

以下の図を見ながら、6本のガイドを作成してください。


3. ガイドに従って表紙を作成します。


【背表紙のデザインについて】

ガイドの背表紙の幅は、あくまでも目安となります。
背表紙に文字を入れる場合、ガイドの幅一杯までデザインせず、左右1mm程度余白を取ってください。
また、背表紙全体に背景色を付ける場合、オモテ表紙・ウラ表紙側に1mm程度はみ出すように色を付けて下さい。

【画像を配置する場合の注意点】

画像は、解像度300dpi~350dpi以上のものをご使用ください。
解像度は、ファイルのプロパティ―から調べることが出来ます(以下はWindowsの例)。

画像の解像度が300dpi以下の場合でも、画像を縮小して使えば特に問題はありません。
例えば、解像度が96dpiの場合、元画像の大きさのままでは画像が荒くなる可能性がありますので、サイズを1/3程度に縮小してご使用ください。

【表紙にラミネート加工をする場合の注意点】

表紙にラミネート加工を行う場合、表紙の全面に着色がされたデザインの場合、紙とラミネートがしっかりと圧着しない場合があります。
ラミネート加工をする場合は、表紙面積の20%程度は白抜き(インクが付かない)になるようデザインしてください。

4. 完成したらJPGファイルに保存します。
 「ファイル」→「別名で保存」を選択します。

5. ファイルの種類で「JPEG(*.JPG,*.JPEG,*.JPE)」を選択し、ファイル名を入力して保存します。

6. オプション画面が表示されます。以下の画像のように設定して、「OK」をクリックしてください。

7. 以上で表紙画像は完成です。

Copyright © CsNET, Inc. All Rights Reserved.