book details /86
LINEで送る
viewsLikes
Add to my favorite
花は花に非ず a flower is not a flower (写真集)
0followers
You can order this book.
花は花に非ず a flower is not a flower (写真集)Non-profit
Price(Support 135+ currencies):  1,756円
Message from the author

この写真集は、某寺境内の小さな地蔵群に供えられた花を撮り集めたものである。テーマは大きく「生と死」であるが、どちらかというと死の要素が強いかもしれない。
子供の頃から双極性障害を患っている私は、常に死を意識して生きてきた。撮影は2017年、その頃の私には強い希死念慮が纏わりついていた。何のために生きているのか分からなかった。それを拭うため、花たちの撮影を「生きる目的」として自ら設定した。
週に1回以上撮ることを課し、1年間寺に足を運んだ。この年には2回入院しており、家での生活より入院生活の方が長かった。ベッドを出て撮影に向かうのは時に拷問のように辛いことだったが、結果的に84回の撮影をこなした。その後も入退院の繰り返しで現像が進まず、写真集の完成までにはさらに3年を要した。
仏は、供えられた花が咲き誇りやがて枯れゆく姿を借り、人々に向けて生と死を様々に語る。花は、人と言葉を交わす、仏の代弁者である。花たちの言葉、花との会話を写真に浮かび上げることが私の使命だった。そしてあたかも詩集を編むように、そんな花たちの言の葉を集めて写真集を編んだ。
寺山修司曰く、「ぼくは不完全な死体として生まれ、何十年かかゝって完全な死体となるのである」。人は、生を受けたら必ず死を迎える。茎を切断され、死を約束された花。生と死の併存する寺院で、生と死をつなぐ花。生きがいのある日々と安らかな死を願う人々によって供えられた花。やがて来る死を受け入れながらも強く生きることの美しさ。死の色を穏やかに出したこの写真集は、他の花の写真集とは一線を画すものだと自負している。
ここでの花たちの姿は、時に優しく時に痛々しく、時に力強く艶めかしい。そして、最後の見開きに置いた黒い頁の存在。ここに、それまで見た花々や亡き人の姿、楽しくも辛くもある日々の生活がうつろうとき、この写真集は手放せないものになるだろう。

カラー写真39点、モノクロ写真43点。
ご高覧いただければ幸いです。

Comments
You can not leave your comment in this book
Other books of this author

花は花に非ず a flower is not a flower (写真集)

See all other books of this author
Popular books in this category

【立ち読み版】ロクセンチフィルム #おうちじかん

@ iDOL picture project

【期間限定】ロクセンチフィルム #おうちじかん【Aタイプ[宮脇理子表紙]】

@ iDOL picture project

絵日記2018

@ JETDA

僕の密けた大月さん。/大月望愛 写真集

@ RemoteBook

ラストランへのHANAMUKE JR201系

@ てつおクリエイト

AIRPLANES AT ITM tieP books Vol.002

@ tieP books

販促物燐寸箱-改訂版-

@ JETDA

【通常版】名古屋CLEAR'S「名クリアル」めいくりある

@ iDOL picture project

AIRPLANES AT NRT tieP books Vol.009

@ tieP books

(Sample) Inner Connections of the Liquid Sky

@ Masashi

RING+

@ きゅー

RING+(L)

@ きゅー

URL of this book

Leave your comment


You can change your nickname from your [Account] page.

Scroll down for book details

閲覧ありがとうございました!