book details /248
LINEで送る
viewsLikes
Add to my favorite
災害対処の文化論シリーズ Ⅱ ~室町時代より江戸時代の地震災害と対処の生活文化~
0followers
You can buy full digital version of this book.
災害対処の文化論シリーズ Ⅱ ~室町時代より江戸時代の地震災害と対処の生活文化~
Price(Support 135+ currencies):  900円
Message from the author

室町、戦国時代~江戸時代初期、そして、幕末期にかけて発生していた数々の地震災害。当時の人々は、これらの震災に対して、どのように対処をしようとしていたのであろうか?豊臣秀吉も地震より命からがら助かっていたって、本当?前代未聞!空より降り注いだ「馬の毛」の正体とは一体何か?江戸時代の大名が最も恐れた自然現象とは何?江戸城にも存在したパニックルームとはどんなもの?災異改元にすがる天皇や将軍。震災後、根拠のない中国文献を漁り、未来予想図の構築にすがる為政者の謎の姿!!日本の地下奥深くにまで突き刺さる謎の岩体!!鯰絵って何?江戸時代幕末には鯰の蒲焼を食べて地震鎮め祈願をした?琵琶湖に浮かぶ竹生島が日本の中心って本当?こんな疑問を分かりやすく解説!!画像データも豊富に掲載。中学生以上向き。地域学習、講演資料、防災・災害学習等にも幅広くご利用いただけます。

Comments
You can not leave your comment in this book
Other books of this author

災害対処の文化論シリーズ Ⅶ 韓半島における災害情報の言語文化 ~三国遺事にみる災害対処の文化論~

災害対処の文化論シリーズ Ⅵ 韓半島における災害情報の言語文化 ~倭国に於ける災害対処の文化論との対比~

災害対処の文化論シリーズ Ⅳ ~北陸、新潟県域の古代と中世~

災害対処の文化論シリーズ Ⅱ ~室町時代より江戸時代の地震災害と対処の生活文化~

災害対処の文化論シリーズ Ⅰ ~古代日本語に記録された自然災害と疾病~

災害対処の文化論シリーズ Ⅴ ~浪分けの論理、水災害としての津波~

災害対処の文化論シリーズ Ⅷ  日本の古典に見る災害対処の文化論  ~日本的無常観の形成~

災害対処の文化論シリーズ Ⅲ  ~新潟県域に於ける謎の災害~

日本語と日本文化の歴史基層論  ―平清盛・徳川家康・坂東太郎に見る呼称とうわさ の文化

韓半島と越国(こしのくに) ―なぜ渡来人は命がけで日本へやって来たのか

See all other books of this author
Popular books in this category

虹のとびらをあけて 子育てはメッセージ

@ Michiko

小林誌 原文翻刻付

@ 高橋駿雄

【ワコーレ】CLasism 2018 冬 vol.12

@ 和田興産公式

【ワコーレ】sumaist 2019 SUMMER VOL.19

@ 和田興産公式

駒川の198軒

@ 駒川の198軒

【ワコーレ】sumaist 2018 WINTER VOL.18

@ 和田興産公式

【ワコーレ】CLasism 2019 秋 vol.15

@ 和田興産公式

【ワコーレ】sumaist 2015 WINTER VOL.16

@ 和田興産公式

【ワコーレ】CLasism 2019 夏 vol.14

@ 和田興産公式

落穂集全十五巻 徳川家康一代記

@ 高橋駿雄

【ワコーレ】CLasism 2019 春 vol.13

@ 和田興産公式

くるりんく

@ Atelier sanctuary N.N

URL of this book

Leave your comment


You can change your nickname from your [Account] page.

Scroll down for book details

閲覧ありがとうございました!