book details /346
LINEで送る
viewsLikes
Add to my favorite
韓半島と越国(こしのくに) ―なぜ渡来人は命がけで日本へやって来たのか
0followers
You can buy full digital version of this book.
韓半島と越国(こしのくに) ―なぜ渡来人は命がけで日本へやって来たのか
Price(Support 135+ currencies):  1,000円
日本語と日本文化の歴史基層論  ―平清盛・徳川家康・坂東太郎に見る呼称とうわさ の文化
Price(Support 135+ currencies):  900円
Message from the author

現在の北陸地方、新潟県域を合わせた地域、かつての「越国」を通して見た、朝鮮半島や、中国大陸を見据えた国家間交渉の行方とは何か?古代日本国家の威信をかけた対外交渉の顛末とは?日本にしかなかった謎の宝石「夜明珠」と阿蘇山との関係。そしてその使い道とは何か?能登半島の能登島にあるツイン石室をもつ古墳の謎。海を見渡せるそのロケーションに秘められた思いとは?新羅国文武王の海中王陵が物語る、日本との意外な関係とは?初期日本海軍を担った「海人(あま)」集団と船舶、それらを掌握したヤマト王権による日本海側東進の思惑はどこにあったのか?高麗船がもたらした銀簡の謎。そこに書かれていた不思議な文字の意味とは何か?文禄の役の際、上杉景勝や直江兼続は朝鮮半島で何をして来たのか?朝鮮半島に日本式のお城がいっぱいの謎!!画像データも豊富に掲載。分かりやすい内容です。中学生以上向き。地域学習や講演の資料としてもご利用いただけます!!

Comments
You can not leave your comment in this book
Other books of this author

災害対処の文化論シリーズ Ⅶ 韓半島における災害情報の言語文化 ~三国遺事にみる災害対処の文化論~

災害対処の文化論シリーズ Ⅵ 韓半島における災害情報の言語文化 ~倭国に於ける災害対処の文化論との対比~

災害対処の文化論シリーズ Ⅳ ~北陸、新潟県域の古代と中世~

災害対処の文化論シリーズ Ⅱ ~室町時代より江戸時代の地震災害と対処の生活文化~

災害対処の文化論シリーズ Ⅰ ~古代日本語に記録された自然災害と疾病~

災害対処の文化論シリーズ Ⅴ ~浪分けの論理、水災害としての津波~

災害対処の文化論シリーズ Ⅷ  日本の古典に見る災害対処の文化論  ~日本的無常観の形成~

災害対処の文化論シリーズ Ⅲ  ~新潟県域に於ける謎の災害~

日本語と日本文化の歴史基層論  ―平清盛・徳川家康・坂東太郎に見る呼称とうわさ の文化

韓半島と越国(こしのくに) ―なぜ渡来人は命がけで日本へやって来たのか

See all other books of this author
Popular books in this category

虹のとびらをあけて 子育てはメッセージ

@ Michiko

小林誌 原文翻刻付

@ 高橋駿雄

【ワコーレ】CLasism 2018 冬 vol.12

@ 和田興産公式

【ワコーレ】sumaist 2019 SUMMER VOL.19

@ 和田興産公式

駒川の198軒

@ 駒川の198軒

【ワコーレ】sumaist 2018 WINTER VOL.18

@ 和田興産公式

【ワコーレ】CLasism 2019 秋 vol.15

@ 和田興産公式

【ワコーレ】sumaist 2015 WINTER VOL.16

@ 和田興産公式

【ワコーレ】CLasism 2019 夏 vol.14

@ 和田興産公式

落穂集全十五巻 徳川家康一代記

@ 高橋駿雄

【ワコーレ】CLasism 2019 春 vol.13

@ 和田興産公式

くるりんく

@ Atelier sanctuary N.N

URL of this book

Leave your comment


You can change your nickname from your [Account] page.

Scroll down for book details

閲覧ありがとうございました!